東芝の経営エッセンスを中小企業経営に!経営の革新で業績を上げ、企業を成長軌道に導くヒト・カネ・戦略の仕組みづくり

経営を革新して会社を成長させる手法を学ぶ貴重なチャンス!

事業拡大・業績向上

 社長が業務指示により会社を回すのは限界がありますし、効率的でも効果的でもありません。仕組みがなければ経営に必要な情報も集まってきません。適切な戦略もつくれませんし、社員も思うような働きをしてくれません。仕組みづくりを行なうことで、情報が流れ、的確な戦略の下、社員が自律的に動き、組織としての機能を高め、成果をあげることができます。仕組み無くして、企業の成長は望めません。

 経営の肝は、ヒト・カネ・戦略の3つです。この3つの肝に仕組みを通すことで、組織力を高め、着実に業績を伸ばし、会社を成長させていくことができます。

経営の肝

カネの仕組み
 カネを投資して収益をあげていくのが事業です。カネをいかに効率的に使っていくかが勝負を決めると言っても過言ではありません。カネの流れ、事業の実態をしっかりと把握して的確な経営判断を行い、カネを効率的に使い、利益を増やしていくための仕組みです。
戦略の仕組み
 事業は他社との競争、戦いである以上、戦略はその戦いに勝ち抜くために必須のものです。戦略をつくるための仕組みがないと適切な戦略はつくれません。適切な戦略を立案し、経営計画書に落とし込み、全社展開して事業を拡大させていくための仕組みです。
ヒトの仕組み
 戦略をつくっても、その戦略を実行していくのは社員です。社員が本気で仕事に取り組んでくれなければ成果をあげることはできません。社員のやる気を引き出し、本気で業務を遂行して成果を出してもらうための仕組みです。

"ヒト・カネ・戦略の仕組み"を導入するメリット

  • 1社長が一々指示しなくとも、自律的効果的な会社運営がなされる。
  • 2その結果、社長はより戦略的な業務に集中できる。
  • 3社員がモチベーションを高め、自律的に動き、成果がもたらされる。
  • 4カネの流れや事業の実態が見えてきて、課題がどこにあるかわかるようになる。
  • 5実戦的体系的な戦略策定のプロセスにより、成長を実現する事業戦略が創れる。
  • 6全社一丸となって事業戦略を遂行、目標を達成する体制が構築できる。
  • 7結果として、売上の拡大、業績の向上、企業の成長が実現されます。

 本セミナーは、東芝などの企業で30年の経営実務経験を持つ経営コンサルタントが、その経験を基に東芝の経営エッセンスを取り入れ、中小企業経営に適する形で体系化した"ヒト・カネ・戦略の仕組みづくり"について事例を交えてわかりやすく解説します。

 新たな効果的経営手法を導入して会社を成長軌道に乗せたいという意欲的な経営者、あるいは経営体制の整備・強化を目指す後継社長のご参加を心よりお薦めいたします。

お申し込みはこちら

ご参加をお薦めする企業

 多くの中小企業では適切な経営の仕組みが不備で、人に依存した経営を行なっているため、労多くして実り少ない状況となっています。経営を革新し、新たな成長ステージへと飛躍したい経営者、後継社長の皆様のご参加をお薦めします。

セミナープログラム

社長の経営手腕が会社の未来を決めます。経営の質を高めるヒント満載のセミナーです!

新たな収益をつくる
社長がいま手を打つべき、業績向上のための3つの仕組みづくり

  • ・今日の糧を得るだけの会社に明日はない
  • ・社長の仕事は会社の未来を創ること
  • ・人に依存した経営では四苦八苦するだけ
  • ・売上のカベ・利益のカベは、仕組みで突破せよ!

ヒトの仕組みづくり
社員が本気になって働きはじめる、成果創出の体制

  • ・働いているフリをする社員にごまかされるな!
  • ・社員が本気になって働きはじめる3つのポイント
  • ・人間の行動原理に即したマネジメントとは?
  • ・経営者を支える経営幹部と管理者のつくり方
  • ・目標管理は百害あって一利なし!?

カネの仕組みづくり
カネの流れが視え、利益が増える、利益創出の体制

  • ・会社の実態が見えない社長が会社を潰す!
  • ・経理担当や税理士に任せるな!
  • ・カネの流れを見えるようにする3つのコツ
  • ・「売上を上げれば利益は増える」は本当か?
  • ・死んだ数字での管理は意味なし
  • ・予算必達のための月次会議とは?

戦略の仕組みづくり
20億、50億のカベを突破する、事業戦略の革新体制

  • ・現在の延長戦略ではカベは越えられない!
  • ・計画の肝とは?これがないと計画達成できない
  • ・担当者に戦略を作らせるな!
  • ・仕組みがなければ戦略は創れない!
  • ・将来の目標売上からの逆算の経営
  • ・全社員一丸の戦略実行の体制とは?
お申し込みはこちら

よくあるご質問

私の会社は小さいので、経営の仕組みはそんなに必要ではないと思うが?
 確かに社長中心に数名の社員で事業を行なっている会社であれば、ごく簡単な仕組みがあればよいと思います。しかし、会社が大きくなって、例えば年商3億円を超す規模になってくると、それなりの仕組みを持たないと、会社という組織を効率的効果的に経営していくこと、さらに会社を発展させていくことは、難しくなってきます。

 新しい商品がヒットして急成長したベンチャー企業が、経営体制が弱いために空中分解してしまうケースは多いのです。

 会社を発展させていくためには、経営の仕組みが必然的に必要になってきます。
事業承継を考え始めているが、このセミナーは役に立つか?
 はい、まさにそうした企業様に役立つセミナーです。

 創業社長の優れた事業センスと強いリーダーシップで事業を拡大、会社を成長させてきたが、2代目社長にバトンタッチした途端に会社が傾くという事例はとても多いのです。

 後継社長は古手の社員に囲まれる中、先代社長と同じような強いリーダーシップを発揮することは容易ではありません。また事業環境も大きく変化しています。しっかりとした経営の仕組みを構築し、経営体制を整えることが、後継社長の経営を成功させる鍵となります。
カネの仕組みというが、カネのことは経理担当者や税理士に
任せておけばよいのではないか?
 残念ながら経理担当者や税理士に任せておけばよいということではありません。 中小企業の経理担当者は法的に求められる財務諸表を作成することに追われています。これは財務会計とか制度会計と言われる世界です。税理士の業務も基本的にはこの財務会計と税務の世界です。

 これに対して、会社経営を行なう社長としては、単に財務報告書を作ればよいのではなく、会社のカネの流れ、事業の実態を把握する必要があります。これは管理会計の世界ですし、実は会計の世界にとどまらず、まさに事業の領域にまたがるものなのです。大企業ではカネの流れや事業実態の把握・分析には力が入れられており、経理部門と企画部門がその業務を行なっており、仕組みがつくられています。

 また、単にカネの流れがわかるだけではなく、カネを有効に使って利益を増やしていかねばなりません。まさに社長がリーダーシップを発揮して仕組みをつくっていく必要がある分野なのです。
会社によって適切な経営の仕組みは異なるのではないか?
 はい、その通りです。会社の規模、事業内容などによって最も適切な仕組みは異なります。しかし、経営の基本は同じであり、共通するポイントが多いことも事実です。

 本セミナーでは、多くの会社にとって役立つ経営の仕組みのポイントについて解説します。
 コンサルティング契約を結ばれた会社様には、その会社に最も適切な経営の仕組みづくりを支援させて頂きます。
講師は他のコンサルタントとどう違うのか?
 講師は東芝の中枢部門で20年間、実務経験を積み、30年の企業人生の中で10社以上の経営に携わってきました。大企業の優れた仕組みを知り尽くしているだけではなく、新設の会社、2億以下の会社、50億円規模の会社など多くの会社で経営を担ってきました。

 東芝から派遣留学したビジネススクールではファイナンスを中心に経営理論を学び、MBAも取得しています。(アメリカのビジネススクールでのファイナンスという専門科目は、カネの視点からどのように企業経営を行なっていくべきかを学ぶ内容となっており、実際にアメリカ企業の経営者の多くがファイナンス専攻のMBAです。)

 30年の豊富な経営実務経験と理論に裏打ちされた実力は、他のコンサルタントを圧倒しています。
お申し込みはこちら

過去の実績/お客様の声

事業拡大・業績向上

A社:
 中期経営計画を作る必要性があるとは感じていましたが、どのように作ればよいかわからない状態でしたので、大塚先生に支援していただきました。
 社長の私だけではなく、幹部社員を巻き込んで、中期経営計画をまとめていただきました。先生と一緒に事業環境を分析したり、戦略を考えていく過程で、現在の事業構造を変革していく必要性があることを、幹部社員ともども、気がつくことができました。また、中期経営計画の具体的な作り方を教えてもらったおかげで、自分達だけでも中計を作っていけるようになりました。
 さらには、業績管理についても、資料の作り方を始めとして、多くの指導をしてもらい、PDCAのサイクルを上手く回すことができるようになりました。増収増益を続けていくための基盤づくりに貢献して頂き、感謝しています。
B社:
 新規事業を始めて2年たっても、事業は立ち上がらず、赤字が増え続ける一方という深刻な問題を抱えていたため、先生の指導を受けながら新規事業の再建を進めることにしました。具体的には、社内の営業体制を抜本的に変え、一部の直営支店は閉鎖し、新たな販売チャネルを開拓しました。また、商品構成も大きく見直しを行ない、さらには物流会社も別の会社に替えたりと、矢継ぎ早に手を打っていきました。その結果、1年半の期間に顧客数は4社から30社へと増加し、売上高を3倍に増やすことができ、損益は大幅に改善しました。自分達だけではとてもこうした改善を短期間に行なうことはできなかったと感謝しています。
C社:
 それまで管理者への教育を行なっていなかったのですが、会社の規模も大きくなってきため、大塚先生に管理者研修をお願いしました。管理者としての心構えから始まり、部下のモチベーションを高めるための具体的な部下への接し方など実戦的な研修をしていただいたおかげで、管理者の行動が変わってきたように感じています。その後も、経営戦略の考え方・作り方、経営数字の見方などの経営的内容や、さらには会議の運営方法、プレゼンテーションなどコミュニケーションの方法、ビジネス文書の書き方などの実務的な内容についても幅広く研修を行なってもらいました。新入社員に対する会社で働くための心構えについての研修も引き受けていただきました。
 先生の研修は一方的な講義ではなく、グループディスカッションや演習などが多く取り入れらており、楽しくわかりやすいと好評で、先生の研修を楽しみにしている社員が大勢います。
 以前は20%を超える離職率でしたが、10%へと半減しましたし、増収を維持できていることも、そうした管理者教育の効果があったと感じています。

講師紹介 / 大塚 直義(おおつか なおよし) MBA(ファイナンス専攻)

専任講師/大塚 直義氏

100億円企業/100年企業を創る仕組みづくりコンサルタント

 東芝の総合企画部、海外事業推進部、東芝ヨーロッパ社等の部門で、経営計画や事業計画の作成、事業部門・子会社の業績管理などの企画業務と、M&A・資本提携、海外事業、新規事業開発などの事業構造改革の業務を20年経験。(その間、東芝の社長、会長を歴任された西室泰三氏や西田厚聰氏の直属の部下として指導を受けた経験もある。)
 その後、中堅企業4社で執行役員 経営管理本部長、事業推進本部統括部長、グループ会社社長など経営幹部として事業拡大や経営管理体制の強化を推進。
 東芝とその後の会社勤務の30年間に、子会社や関連会社を含めて、10社以上の会社の経営に携わる。その中には大企業ばかりでなく、新設の会社や2億円に満たない会社も含まれている。
30年の経営実務経験を活かして中小企業の発展に貢献したいとの思いからコンサルタントとして独立。東芝の経営エッセンスを取り入れ、中小企業経営に適した"ヒト・カネ・戦略の仕組み"を体系化。経営の仕組みづくりにより業績向上と企業成長を実現するコンサルタントとして絶大の信頼を博す。
株式会社セントエイブル経営 代表取締役社長。1957年生まれ、東京大学 経済学部卒。 ニューヨーク大学ビジネススクールMBA(東芝企業派遣留学)

開催要項 定員(10名)になり次第、締め切らせて頂きますので、お早めにお申し込みください。

  • 会期
    2015年6月24日(水)13:30~17:00
  • 会場
    ベルサール飯田橋駅前
    東京都千代田区飯田橋3-8-5
    TEL 03-3263-7274
  • 参加料
    37,800円/1名(税込)

[完全返金保証制]
聴講後、内容などに不満がございましたら、
理由の如何を問わずご返金します。

ベルサール飯田橋駅前

お申し込み方法

下記フォームに、必要事項を記入して、送信してください。
お申込み後、ご記入頂いたメールアドレスあてに、受講券・ご請求書などを送信させていただきます。

株式会社セントエイブル経営
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-28-4 2F
TEL 03-6803-6364 FAX 03-6856-2861 e-mail info@centable.jp
インターネットでのお申し込み:http://centable.jp

当社主催のセミナーは、理由の如何に関わらず、全額返金保証をお付けしています。
万が一、内容に満足できないなどの場合、理由を問わず全額返金させて頂きますので、
ご安心ください。

お申し込みフォーム(記入して送信ください)

セミナー規約について

個人情報保護について

お申込みいただいた個人情報は、厳重に管理し、当会が定めるご案内目的以外、法令に定める場合を除き、
個人データを事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。

TOP