代表者経歴

2

株式会社セントエイブル経営  代表取締役社長  
100億円企業/100年企業を創る仕組みづくりコンサルタント
大塚 直義 (おおつか なおよし)   MBA

 

■経歴

  • 1981年  東京大学  経済学部卒業
  • 1981年  株式会社東芝に入社
    東芝の総合企画部、海外事業推進部、東芝ヨーロッパ社等の部門で、主に経営企画、戦略立案と事業構造改革(海外事業推進、新規事業開発、M&A・資本提携等)の業務を20年経験
  • 1990年 東芝の企業派遣留学でMBA取得
    ニューヨーク大学スターンスクール、ファイナンスと国際ビジネス専攻
  • 2002年 東芝退職後は、IT企業等4社にて事業推進本部統括部長、グループ会社社長、執行役員 経営管理本部長などの要職で経営幹部として戦略経営の導入を行い、事業拡大、経営体制の強化を推進。
  • 東芝とその後の会社勤務の30年間に、子会社や関連会社を含めて、約30社の会社の経営に携わる。その中には大企業ばかりでなく、新設の会社や2億円に満たない会社も含まれている。
  • 30年の経営実務経験を活かして中小企業の発展に貢献したいとの思いからコンサルタントとして独立。多くの中小企業が経営の仕組みを持たずに苦戦していることを発見。仕組みづくりによる事業拡大、業績向上の支援を中心にコンサルティング活動を展開している。
  • また、20年の海外ビジネス経験(海外駐在9年間)や長年のマネジメント経験を活かして、海外事業支援や経営者・経営幹部・管理者の教育研修・人材育成にも力を入れている。

 

■著作物